トイレの詰まりの現場

Pocket

引き続き現場の状況です。

内視鏡で調査した状況から予想して

床を解体して、配管を点検していきます。

予想を上回る状況で範囲を広げて、根が入った場所を

探していきます。

これが原因です。配管の継ぎ手からの侵入でした。

数十年前の施工で、調査の結果、施工に不備があったようでした。

もちろん当店が請け負った施工ではありませんが・・・

こんなにも根が成長していました。

埋め戻してみれば、作業の大変さが

伝わりませんが、原因がわかり良かったと

思います。後日タイルを施工後、もとに

戻します。

 

 

This entry was posted in 施工事例, 日々の仕事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です