お風呂のリフォーム(解体編)


ユニットバスからユニットバスへの
リフォームです。
大きめのお風呂で、サウナルームもあり
24時間風呂システムもありました。

まず、エプロンをはずして水栓や
手すりなどを取り外します。

浴槽は24時間風呂システムでしたので
表面がずいぶん傷んでします。

浴槽の丁度、裏(外部)に24時間風呂の
装置がありました。今回は撤去することに
なりました。

装置からパイプで追い炊き口に
接続されています。特殊な循環
アダプターのようです。

サウナも結構な大きさがあります。
浴室から檜のドアを開けて入ります。
今回はサウナの扉を撤去して、サウナ
ルームは閉じてしまいます。

洗い場に床です。大きくて階段から
降ろせないので分解します。

鉄部はサンダーで切りました。

サウナの扉を撤去。

給湯、給水は位置替えをします。
明日、協力業者の設備屋さんに
仕込んでもらいます。

洗面所との取り合い。お風呂の
入口の額縁もすべて撤去しました。

本日の作業は終了です。お風呂が
大きいので、解体はほぼ1日かかり
ました。

綺麗なお風呂が出来るのが楽しみです。

 

This entry was posted in リフォーム事例, 日々の仕事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です