ラッキング


以前に取り付けたパッケージエアコンの

配管断熱とラッキングの更新工事です。

まずはラッキングを撤去し、断熱材を外します。

配管が丸裸になりました。

更新工事の原因は低圧配管の断熱材の収縮により

ラッキングがずれることから交換となりました。

非常に珍しい案件だそうです。

 

一台ずつ配管を一度切り離して、断熱材を入れていき

切り離した箇所を溶接してもらいます。

機械まわりまできっちりと断熱材を入れます。

溶接後、真空乾燥をして、気密検査をします。

久しぶりにするラッキング。やはり

手ごわいです。エルボを一か所失敗し

後日交換に伺うことにしました。

この様な複雑なラッキングは応援の来てくれた

同業者にしてもらいました。

異形管のラッキングをつなぐために

大きい径のラッキングをしぼります。

一日がかりでしたが18時には作業完了です。

T様ご用命頂きありがとうございました。

アトム電器は業務用エアコンも得意です。

 

 

 

 

 

This entry was posted in エアコン工事について, 日々の仕事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です