壁埋め込みエアコン

Pocket

壁埋め込みエアコンの取り替えです。

このエアコンの入れ替え工事です。

撤去後、既存のサイズよりも新しいエアコンは

サイズが小さくなります。特に高さがかなり

コンパクトになります。

取り付け枠を付けるために木で開口を小さくします。

据え付け枠を取り付け、エアコンを設置します。

そして、配管を接続します。

配管、ドレン、電線を接続して、パネルを取りつけますが、

大工さんに額縁を取りつけてもらいました。

白木のパネルに合わせて白木で額縁を取り付けて

もらいました。

さすが本職です。綺麗に仕上げてくれました。

外部は配管化粧カバーを取り替えて横引き

します。

ドレンホースは室内機からの勾配が厳しい

状況でしたので、塩ビパイプで施工しました。

ドレンテストも実行し、確実にドレンが流れる

事を確認しました。

真空ポンプを使用して、しっかりと配管内を真空乾燥

します。もちろん、チャージバルブを使用して、一滴の

ガスも漏らすことなく施工しました。

室外機の接続も終わり、すべての作業が終了しました。

取扱いのご説明をさせて頂きました。A様ご用命頂き

ありがとうございました。

高槻市安満での作業でした。

 

This entry was posted in エアコン工事について, 日々の仕事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です