馬祭


地元、安満地区の馬祭にかい丁(御輿の担ぎ手)と

して参加しました。

平成17年に高槻市指定無形文化財の指定を

受けました。

壱の馬、弐の馬、参の馬、先走り、雑煮

花御輿と行列は続きます。

磐手杜神社の神殿からご神体を御輿に

移し、旧安満村を練り歩きます。

子ども太鼓も元気よく太鼓の音を響かせていました。

壱トンはある御輿です。お旅所というところまでは

台車にのせて渡行をすすめます。

大変、暑い一日でした。日の当たる肌は日焼けで

すごいことになりました。膝を高く上げて、御輿の

飾りを「シャンシャン」と鳴らします。

この伝統を続けるためにも、古き伝統を守りつつ、

今の時代にあったバランスを考えながら、

もっと若い人が集まって大々的に続けていけると

良いですね。

 

 

This entry was posted in スタッフブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です